薬剤師に聞いた!薬学部生の就活

私が学生時代、ドラックストアで2年間アルバイトを経験し、薬学部、薬学生の就活方法についてお話しします。薬剤師がドラッグストアに就職する事はものすごく簡単でまず落ちる事は滅多に無いと聞きました。そのため、就活をした事が無いという薬剤師は結構いました。なので現在、薬学部生の就活生さんはドラッグストアは最後の滑り止め程度に考えておくと良いと思います。ただ、ドラッグストアは小売業で休みも不定期・労働時間が長い・まとまった休みは滅多に取れない・売り上げが伸びないと上司からプレッシャーをかけられる、と同時私が働いていたドラッグストアの薬剤師は嘆いていたので、これから就活をする薬学部生の皆さんは最後の砦として見ておいた方がいいかも知れないです。

薬剤師は給料が高いので目指す人は多いと聞きました。仕事の幅も大きいので薬剤師の資格を取得し、コミュニケーション能力のある薬剤師は重宝されるそうです。現在では、CRC(治験コーディネーター)やDM(治験データマネージメント)などの治験・臨床試験関連の仕事もどんどん増えてきています。また、合コンなどの機会の時には「職業は薬剤師です」と発言すると好印象で、モテると聞きました。薬学部生の就活生さん、チャンスです!そして、薬剤師から実際に聞いた話によると「薬学部を出た後、もっと薬の事を研究したい人は製薬会社の研究員に就職したり病院薬剤師に就職したりする。」と言っていました。なのでこれから就活を始める薬学部の就活生の皆さんは薬剤師として将来やりたい事を明確にしてから就活に望む事をオススメします。